Oral & Dental Care Products

since 1907. from Osaka,Japan to the world.

ご高齢者におすすめのデンタルフロスとは?

年齢とともに、だんだん歯間部が広がりがち。

そこで今回は、ご高齢者におすすめのデンタルフロスをご紹介します。

スポンジフロスとは

年を重ね、歯と歯の隙間が広くなっているという方には、太めのデンタルフロスがおすすめです。その太めのデンタルフロスというのが、「スポンジフロス」です。

スポンジフロスとは、糸がスポンジ状になっており、通常の糸より約2〜3倍太いデンタルフロスのこと。ひっぱったら若干細くなり、広がった歯と歯の隙間にもフィットしながら入れることができます。これなら、通常の細い糸を何回も通す必要がなくなり、1〜2回糸を通すだけで効果的に口内ケアが可能になります。

elderly-couple-smiling

インプラントにも効果的

スポンジフロスは、インプラントにも効果的にはたらきます。スポンジフロスの糸はちぎれにくいため、インプラントの金属やアルミの部分にあたっても、フィラメントが飛び出さすことなく、ほとんどひっかかることがありません。

また、インプラントをしている部分の歯茎を充分な掃除をせずに放っておくと、歯茎が変色してしまうこともありますので、デンタルフロスでのケアがとても大切になっています。

インプラントはふつうの歯とちがって、歯周ポケットそのものが深くなっています。スポンジフロスなら、インプラントの歯周ポケットにもしっかり届くため充分なケアができるというわけです。

floss

入れ歯には、デンタルフロスはできません

高齢者の方の中には、入れ歯を使用される方もいらっしゃると思います。しかし、入れ歯にはデンタルフロスはできませんのでご注意を。入れ歯は、歯と歯の隙間のスペースがなく、全体的につながっているためです。

ドライマウスも解消

年を重ねると、ドライマウスにもなってしまいがちです。そこで、チリペッパーやレモンの味などフレーバー付きのデンタルフロスもおすすめです。フレーバー付きのデンタルフロスを使うことで、唾液が出るようにするということが大切になります。

味を感じることによって唾液が出ることで、プラークなどが歯に接着しにくくなります。唾液の量が少ないと、プラークなどが詰まりやすくなり虫歯の原因になってしまいます。

Elderly_Dentistry

デンタルフロスは、1日3回がおすすめ

デンタルフロスは、1日3回がおすすめです。食べカスを取り除くなど、こまめにケアをしないと虫歯の原因を残したままにしてしまうことになります。インプラントの掃除もとても大事です。

今回のスポンジフロスのように年齢に合わせたデンタルフロスもありますので、ぜひ毎日の口内ケアを続けていただきたいと思います。→ デンタルフロスを選ぶなら100年老舗メーカーの株式会社オカムラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加