Oral & Dental Care Products

since 1907. from Osaka,Japan to the world.

今日からできる、歯磨き粉の選び方・使い方

歯磨き粉をきちんと選んで使っていますか?

また、そもそも歯磨き粉は、どうして必要なのでしょうか?

今回は、ふだん何気なく使っている歯磨き粉に関して考えたいと思います。

come-creare-un-dentifricio-fai-da-te_a11c9b2d6f47a470d348090e62bf1bfe

歯磨き粉が、歯茎の炎症の原因に?

まず、どうして歯磨き粉を使うのでしょうか?

おそらく、みなさんが歯磨き粉を使う理由は、簡単にプラークを落とすため、または、ホワイトニング効果を期待してだと思います。なおかつ、お好みの味で口の中のリフレッシュし、口臭を防ぐためではないでしょうか?

しかし実際は、歯磨きに歯磨き粉は必要ありません。

もちろん、プラークを落とすという目的からみても、プラークは、歯磨き粉がなくても歯ブラシのテクニック次第で落とせるからです。しかも、ある歯科衛生士が、歯茎に炎症をおこした患者さんを診断したところ、使っている歯磨き粉の成分が強すぎて歯茎に合わないことが原因だったこともあるくらいです。

そのため、歯磨き粉はできるだけ歯にやさしいものを選ばなければいけません。歯磨き粉に含まれている成分すべてが、歯と歯茎に良いわけではありませんのでご注意ください。

歯磨き粉の選び方について

特にホワイトニング効果があるとうたっている歯磨き粉の選び方には、注意していただきたいと思います。

たとえば、小さな粒が入っている歯磨き粉がありますよね。これは、その小さな粒で歯の表面を削り、エナメルをつるつるにします。つまり、ツルツルに削り、ピカピカ感をだすことで歯を白く見せているだけなのです。

同じように、粒が入ってない歯磨き粉でも、含まれた成分で歯を白くするというものがあります。しかしこれも、歯の表面を削ってツルツルにすることで、歯を白く見せるという成分が入っています。

いくら歯をピカピカにすることができても、歯磨き粉は歯のインナーのもっと深いレイヤーにまでは届きません。つまり、実際に歯が白くなるわけではないのです。

そして、このような成分を含んだ歯磨き粉を使いつづけると、歯のエナメルに悪く、やがては歯茎に炎症を起こしてしまいます。歯磨き粉の選び方、とっても大事です。

uso-dentifricio

おすすめは、フッ素入りの歯磨き粉

健康的な歯と歯茎をキープするためには、ホワイトニング効果のある歯磨き粉よりも、歯の表面のエナメルを守る歯磨き粉を使うことが大切です。

そこでおすすめしたいのが、フッ素入りの歯磨き粉です。フッ素は、エナメルを強くします。そして、エナメルが強くなれば、虫歯予防にも効果的なのです。

フッ素入りの歯磨き粉にもさまざまな味がありますが、味に関してはお好みで選んでいただいて問題ありません。息をリフレッシュしたければミント味もいいと思います。お子様向けならいちご味など、楽しく使っていただければと思います。

1回につかう歯磨き粉の量は、お米ひと粒分でOK

さて、今回は歯磨き粉の選び方の注意点や、おすすめの歯磨き粉をご紹介してきましたが、ここでは歯ブラシ1回につかう歯磨き粉の量についてお話しします。

もしかしたら、みなさん歯磨き粉をつけすぎかもしれません。実は、お米一粒分くらいが適度の量なんです。それ以上使ってもあまり効果的とはいえないのです。

Toothpaste

こんな磨き方もおすすめ

歯科衛生士の提案で多くみられるのが、歯磨き粉を使うのではなく、マウスウォッシュを使うことです。

マウスウォッシュとは、口のすすぎ用に使ううがい薬です。それを口に入れるのではなく、歯ブラシをマウスウォッシュにつけて歯を磨きます。これなら、歯磨き粉による歯の表面と歯茎を悪くすることなく、口の中もリフレッシュします。

歯ブラシだけだと磨いた感じがない。逆に歯磨き粉だと自分の歯茎に合わない。そんな方にも、マウスウォッシュはおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加