Oral & Dental Care Products

since 1907. from Osaka,Japan to the world.

災害時の歯磨きにはデンタルフロスがオススメ! その理由は?

デンタルフロスなど

いつ、どこで襲ってくるか分からない、地震などの自然災害

非常用の食料や懐中電灯など、普段から備えておくべきものがたくさんありますが、その中の1つがデンタルフロスなどのオーラルケアアイテムです。

「災害に遭ってしまった時の歯磨きってそんなに大事?」と疑問に思われるかもしれませんが、身体的にも精神的にも大変な災害時だからこそ、オーラルケアはとっても大切。

実際に地震が起こり、歯科医院さんなどから避難所に、歯ブラシをはじめとするオーラルケアアイテムが届けられたことで、避難者の方にとても喜んでもらえたという例もあります。

そこで今回は、デンタルフロスなどを使った、災害時の歯磨きについてお話したいと思います。

災害時の歯磨きは病気の防止や気分転換にも繋がる

「災害時に、口臭や黄ばみを気にしている場合じゃない! 歯磨きは二の次!」という意見もあるかもしれません。

確かに災害時には、なかなか歯磨きのことを気にする余裕はないかもしれませんが、たかが歯磨きと侮ってはいけないのです。

歯磨きを長期間行わないと、口腔内で虫歯菌などの細菌が繁殖します。

この虫歯菌は、虫歯”だけ”の原因になると考えてはいませんか?

実は時によってこの虫歯菌が、身体全体に悪影響を及ぼす可能性があります。

特に災害時、十分な休養や栄養がとれなかったりして、身体の抵抗力が落ちていると、口腔内の虫歯菌が、気管から肺に達して肺炎などを引き起こす可能性があり、高齢者さんの場合は重症化して命に関わる可能性だってあります。

また、不安な心境の中で続く避難生活では、歯磨きなど当たり前だったはずの日常動作が行えないと、ストレスが溜まってしまいます。余計に気が滅入ったり、イライラしたりしてしまいがちです。

以上のように、避難生活中の病気を防ぐため、また、ストレスを軽減するために、災害時のオーラルケアは意外と優先順位が高いものなのです。

水が不足する環境でもデンタルフロスなら大活躍!

では、実際に災害に備えて用意するべきオーラルケアアイテムは何でしょうか?

自分が気に入って使っているものでもいいのですが、オススメなのは、

  • 歯ブラシ
  • マウスウォッシュ
  • デンタルフロス

以上の3つです。

歯磨き粉は、必須ではありません。

なぜなら、歯磨き粉自体に歯垢(プラーク)をしっかり取り除けるような成分が入っているわけではなく、口の中の泡を流すために水が必要になるからです。

普段の生活では問題ありませんが、災害時は水がとても不足していることだって考えられます。

そこで災害時には、まず歯ブラシだけで歯を磨いて、表面の歯垢を取ります。

このときに、「歯磨き粉をつけずに歯を磨いても、何だか磨いた気がしない」と感じるなら、歯ブラシをマウスウォッシュにちょっと浸してから使うと、少し清涼感が得られます。

マウスウォッシュで口をゆすいだら、歯間の歯垢をデンタルフロスを使って取り除いていきます。

歯磨き粉をつけて磨かなくても、デンタルフロスで、歯間の歯垢をしっかり取ってあげることで、スッキリ感は十分得られます。

不足時には節約しなくてはいけない水を、使う必要もありません。

ちなみに、歯ブラシ・マウスウォッシュ・デンタルフロスを併せて使うオーラルケアは歯医者さんでも推奨されているほど理想的なやり方で、災害時だけではなく、普段の歯磨きでも試されることをオススメいたします。

いつ何が起こるか分からないからこそ、普段の備えはとっても大事。

非常袋には、災害時でも歯磨きができるように、歯ブラシやマウスウォッシュ、そしてデンタルフロスも入れておきましょう!

災害時のデンタルフロスも株式会社オカムラまで!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加