Oral & Dental Care Products

since 1907. from Osaka,Japan to the world.

虫歯の予防にフッ素がオススメな理由

フッ素 歯

現在、“フッ素配合”とパッケージに書かれたデンタルフロスや歯磨き粉を、よく目にする機会があるかと思います。

そのようなフッ素配合の商品が多く販売されている理由は、とても簡単に言えば「フッ素が虫歯の予防に適しているから」です。

ですが、フッ素が虫歯の予防にどう働くのかについては、いまいちピンと来ていない方も多いのではないでしょうか?

そこで、この記事では、以下の点についてお話したいと思います。

  • フッ素が虫歯の予防に良い理由
  • フッ素配合のデンタルフロスや歯磨き粉を使う時のポイント

フッ素が虫歯の予防に良いのは虫歯菌が定着しにくくなるから

フッ素は、フッ化物とも呼ばれています。

このフッ素が虫歯の予防に良いのは、歯に虫歯菌が定着しにくくなるからです。

例えば、フッ素加工がされたデンタルフロスは、フロスの繊維にフッ素が付着しています。

このフッ素加工されたデンタルフロスを、歯と歯のすき間に通すことによって、デンタルフロスのフッ素成分が歯に移り、いわばコーティングされるような形になります。

このフッ素のコーティングがあることで、歯に虫歯菌が定着するのをおさえてくれます

フッ素配合の歯磨き粉の場合も、同様の効果があります。

もちろん、虫歯菌が歯に定着しにくいということは、虫歯に侵されるリスクが低くなることに直結します。

そのため、早くから虫歯の予防をしておきたいお子様をはじめとした、あらゆる世代の方に、フッ素配合のデンタルフロスや歯磨き粉が向いているのです。

また、フッ素のコーティングは、歯の表面のごく小さな傷も覆ってくれます。

「噛む力が強くなる!!」ということではありませんが、歯全体を固くする、強くするというような効果があります。

フッ素加工のされたデンタルフロス、フッ素配合の歯磨き粉などを使った、自宅でできる虫歯の予防方法以外に、歯医者さんで直接歯にフッ素を塗ってもらえるフッ素塗布があります。

フッ素塗布も、虫歯の予防にはかなり効果的です。

フッ素配合の商品は飲み込みすぎないように注意

「フッ素配合のデンタルフロスや歯磨き粉を使って、虫歯の予防をしよう!!」という方に、ぜひ注意してもらいたいポイントがあります。

それは、フッ素配合のオーラルケア商品が歯に良いからといって、必要以上に使いすぎるのは良くないということです。

使いすぎる、というよりは体内に取り入れすぎる、飲み込みすぎるといった方が適切かも知れません。

「デンタルフロスを飲み込んでしまう」ということはめったにないかと思いますが、飲み込みに注意なのはフッ素配合の歯磨き粉です。

フッ素配合の歯磨き粉に限らずとも、歯磨き粉をついつい出しすぎてしまう方が、結構多くいらっしゃいます。

歯磨きのブラシ全体にたっぷり乗せるような感じだと、歯磨き粉の出しすぎです。

少し専門的な話になりますが、フッ素には濃度の単位があり、これはPPMと呼ばれています。

これが1000~1500PPM(1日あたり)の範囲内に収まっていればいいのですが、1500PPM以上のフッ素の摂取は良くありません。

フッ素配合の歯磨き粉を必要以上に使い、すすぎも不十分で多くのフッ素を飲み込んでしまうと、1500PPM以上の摂取になってしまう可能性があります。

フッ素を摂りすぎてしまうと、歯がくすんだように変色したり、腹痛や吐き気など、健康上の問題を引き起こしてしまう危険性があります。

そのためフッ素配合の歯磨き粉を使う際は、ブラシの3分の1くらいの長さを目安に量を調節し、きちんとゆすいで必要以上に飲み込んでしまうことがないように意識しましょう。

また、お子様が大人用のフッ素配合歯磨き粉を使うのは、避けた方がいいです。

子供は大人よりも体が小さいですから、大人では健康に影響のないフッ素の配合量でも、子供にとっては良くないということがあります。

ですので、「子供にもフッ素配合の歯磨き粉を使わせたい!!」という場合は、子供用のフッ素配合歯磨き粉を別に用意しておくのがベストです。

フッ素が虫歯の予防に良い理由についてのまとめ

  • フッ素が虫歯の予防になるのは、歯全体をコーティングして虫歯菌の定着を抑えてくれるから
  • フッ素が虫歯の予防に良いが、体内に取り入れすぎてしまうと健康を害してしまうおそれがあるので、注意が必要

以上が、今回の記事の2つのポイントです。

最後になりますが、フッ素加工されたデンタルフロスや、フッ素配合の歯磨き粉は、虫歯の予防に適しています。

しかし、その効果を過信するあまり、オーラルケアそのものをサボったり、手を抜いてしまっては、意味がありませんよね。

フッ素が使われているかどうかという問題だけではなく、虫歯や歯周病の予防には、デンタルフロスや歯ブラシ、マウスウォッシュなどを使った正しく継続的なオーラルケアも大切なのです!!

虫歯の予防に!! デンタルフロスのことならオカムラまで!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加