Oral & Dental Care Products

since 1907. from Osaka,Japan to the world.

歯科検診のメリット~デンタルフロスを始める前に~

歯科検診

皆さんは、歯医者に年に何回くらい行きますか?

特に行く時期は決まっておらず、「虫歯になった時だけ歯科医院に行く」という方も多いかもしれませんね。

ちなみに欧米では、現状虫歯になっていなくても、約3ヵ月~6ヵ月の周期で、歯医者さんに行き、定期的な健診を受ける方が多いのだと言います。

虫歯などの病気を治療するだけではなく、キレイな歯を保つという意味合いで、歯科医院を活用しているのです。

また、「明日からデンタルフロスを使ったオーラルケアを始めよう!」という方にも、事前の歯科検診がとてもオススメです。

この記事では、“何故、定期的な歯科検診がオススメなのか”について、2つのメリットをご説明したいと思います。

1.デンタルフロスの正しい使い方を分かり易く教えてくれる

基本的に歯科医院では、歯垢の除去率が高いデンタルフロスの使用を推奨しているところがとても多いです。

そのため、歯科衛生士さんなどが、デンタルフロスの正しい使い方を、分かり易く教えてくれます。

市販のデンタルフロスを買い、「いざ使おう!」と意気こんでも、パッケージの使用方法の説明が分かりづらく、指へのデンタルフロスの巻き付け方も全然分からないという人が、意外と多いようです。

実際に目の前で、”歯のプロ”にデンタルフロスの扱い方を教えてもらった方が理解がしやすく、お家に帰っても正しい方法でスムーズにオーラルケアが行えます。

2.歯石を除去してキレイな歯の状態からデンタルフロスを始められる

歯科検診により歯石(取りきれなかった歯垢がカチカチに固まったもの)が見つかれば、もちろん歯医者さんが歯石を取ってくれます。

特に歯石が多かった箇所に関しては、「このあたりがあまり磨けていないようだから、気を付けた方がいいですよ!」とアドバイスをもらうこともできます。

実はこれが、デンタルフロスを使うオーラルケアにも大いに関係してきます。

というのも、デンタルフロスでは、歯周ポケットの奥に出来た頑固な歯石を落とすことは不可能です。

つまり、「明日からデンタルフロスで、歯をキレイに保つぞ!」と思っても、その地点ですでに歯石があれば、それを除去することが出来ず、歯石が歯周ポケットに残ったままになってしまうのです。

歯石を放っておくと、歯周病の原因になってしまいます。

そこで、デンタルフロスを使う前には、ぜひ歯科医院へ行き、1度歯石をすべて除去してしまうことが得策です。

そうすれば、歯石のないキレイな状態でオーラルケアを始められて、デンタルフロスを毎日使うことにより、そのキレイな状態をしっかり維持することができます。

まとめ

  1. デンタルフロスの使い方を正しく教えてくれる
  2. 歯石を除去してキレイな歯の状態からデンタルフロスを始められる

上記が、デンタルフロスを始める前に行う、歯科検診のメリットです。

もちろん、デンタルフロスを始めてからも定期的な歯科検診に行くことはとてもオススメで、虫歯や自覚症状のほとんどない歯周病を早期に発見することが出来ます。

半年に1回くらいは、別に歯が痛くなくても歯医者さんに行ってみてはいかがでしょうか?

デンタルフロスなどを使った毎日のオーラルケア、そして歯医者さんでの定期健診を両方やっておくと、キレイで健康な歯を保ち続けることができますよ!

毎日のオーラルケアはオカムラのデンタルフロスで!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加