Oral & Dental Care Products

since 1907. from Osaka,Japan to the world.

デンタルフロスで出来る虫歯のセルフチェック

デンタルフロス

デンタルフロスは、歯ブラシと比べて歯垢の除去率が高く、歯や歯茎をキレイに保つことに適したオーラルケアアイテムです。

デンタルフロスを毎日の習慣として続けていると、歯をキレイに保つだけではなく、虫歯や歯周病など、お口の中の良くない変化にいち早く気付くことができます。

いわゆる、“口腔内のセルフチェック”です。

今回は、デンタルフロスを使うことで、歯や歯茎に対しどんなセルフチェックが出来るのかを、3つ例に挙げてご紹介いたします。

虫歯・歯周病対策のためにデンタルフロスでセルフチェックすべきこと3つ

デンタルフロスでセルフチェックできることには、大きく分けて3つあります。

  1. 歯垢(プラーク)が多く残っている部分のセルフチェック
  2. 虫歯ができているかどうかのセルフチェック
  3. 歯石ができているかどうかのセルフチェック

以上の項目はすべて、虫歯、あるいは歯周病の早期発見・早期治療につながります。

以下で、それぞれのチェック内容について詳しくご説明します。

1.歯垢(プラーク)が多く残っている部分のセルフチェック

デンタルフロスを使っていると、「この辺りの歯周ポケットは歯垢(プラーク)が多く残っているな」というのを、デンタルフロスに付着した歯垢を目で見て確認することが出来ます。

歯ブラシのみのオーラルケアの場合、歯の表面はキレイになりますが、”どの歯間部の歯垢が、どの程度取れたのかを把握する”ことは難しいです。

一般的には、やはり磨きづらい奥歯に歯垢が多く溜まりやすいのですが、実際にどれだけ歯垢が取れているのかをセルフチェックすることによって、「この辺りはしっかり磨こう!」と意識することができ、結果的に虫歯や歯周病になりづらいお口の状態を保つことが出来ます。

このように、目で見て歯垢の状態をチェックするためには、歯垢の色に近い白色のデンタルフロスではなく、青やピンクなど、色の付いたデンタルフロスを使うことをオススメします。

2.虫歯ができているかどうかのセルフチェック

デンタルフロスを使っていると、歯間部でデンタルフロスが”ひっかかったような”感じがすることがあります。

実はこのデンタルフロスのひっかかりは、虫歯が原因であることが多いのです。

虫歯は歯と歯の間や、奥歯など見えない部分に出来ていることが多いですが、なかなかそれを目で見て確認することが難しく、痛みが出るまで気付けない場合があります。

しかし、デンタルフロスを使用している時のひっかかり等の違和感で、「もしかして虫歯かも?」と疑問を感じ、痛みがなく楽な段階で虫歯の早期発見・早期治療を行うことができます。

3.歯石ができているかどうかのセルフチェック

虫歯ができている場合と似ていますが、歯周ポケットの奥までデンタルフロスを入れた際に、わずかな”段差”を感じることがあります。

この段差は、歯垢がカチカチに固まってできる歯石が原因である場合が多いです。

歯石が蓄積すると、だんだん歯茎が下がり、そのまま歯周病に発展してしまう可能性が非常に高いです。

歯石は歯ブラシやデンタルフロスでは除去できないので、「歯石が溜まっているかも?」という疑いがあれば、歯医者へ行き、歯石を除去してもらうことをオススメします。

そのほかのデンタルフロスの使用でセルフチェックできること

そのほか、デンタルフロスの使用で直接改善できることではありませんが、鏡を見ながらしっかりとオーラルケアを行うことで、「口臭がひどくないか」「舌が白くなっていないか(舌苔)」などを気にかけるキッカケにもなります。

デンタルフロスは、歯垢(プラーク)をキレイに除去するという役割だけではなく、歯垢の溜まりやすい場所や、初期の虫歯・歯石の有無をセルフチェックできる、優秀なオーラルケアアイテムです。

デンタルフロスを毎日の習慣にして、虫歯や歯周病など、お口の中の異常にいち早く気付き、健康な歯・歯茎を保ちましょう!

オカムラのデンタルフロスを毎日の習慣に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加