Oral & Dental Care Products

since 1907. from Osaka,Japan to the world.

マウスピース矯正の3つのデメリット

マウスピース 矯正

マウスピース矯正は、ワイヤーを張って行う最も一般的な歯列矯正方法であるブラケット矯正、そのワイヤーを歯の裏側に張って行う裏側矯正以外で、よく選ばれている矯正方法です

マウスピース矯正は、「インビザライン」とも呼ばれています。

別名の通り、マウスピース矯正は、“見えない”、”分かりにくい”ことが最大のメリットである矯正方法です。

透明のオーダーメイドのマウスピースを、歯列に被せて行う矯正方法なので、周りに矯正をしていることがバレづらく、ワイヤーを使用した矯正にありがちな痛みも少ないので、若い方に人気の矯正方法です。

マウスピース矯正(インビザライン)は、歯列矯正のネックであった”見た目”の問題を解決する、便利な矯正方法ではありますが、本当にいいことばかりなのでしょうか?

今回は、マウスピース矯正について、あえて言えるデメリットを考えていきたいと思います。

マウスピース矯正のデメリット1.ブラケット矯正より時間がかかる可能性がある

マウスピース矯正で考えられる1つめのデメリットは、“マウスピース矯正は、ブラケット矯正よりも矯正完了までに時間がかかる可能性がある”という点です。

マウスピースは、ブラケット矯正のワイヤーとは違い、ずっと付けっぱなしという訳ではありません。

矯正用のマウスピースの装着時間については、矯正の内容に合わせた医師の指示によって違いがあり、「就寝時にマウスピースをつけてください」、また「1日○時間マウスピースをつけてください」というように、1人1人に合わせた指示を受けるようです。

もちろん、医師の指導通りにマウスピースを着脱することを心がけるべきですが、「外してから、もう1回着けるのを長時間忘れていた!」というケースもあるでしょう。

ただ、このように医師の指示通りにマウスピースを着けることが出来ていない場合、矯正がスムーズに行われず、矯正完了までに時間がかかってしまう可能性があります。

マウスピース矯正のデメリット2.すべての人にマウスピース矯正が行えるわけではない

  • 矯正していることを出来るだけ気付かれたくない
  • 仕事柄、矯正器具が見えると不都合がある
  • 口の中に金属が入っていることに違和感を感じる

特に上記のような人は、「マウスピースを使った矯正方法が良い!」と思われる方が多いでしょう。

しかし、すべての人にマウスピース矯正を行えるわけではありません

ブラケット矯正は、歯を大きく動かすようなケースであっても行われることが多いですが、マウスピース矯正の場合は不可能なケースもあります。

「マウスピース矯正を行いたい!」と思っている人全員が、マウスピース矯正を行えるわけではないということです。

ちなみに、ブラケット矯正や裏側矯正の完了後、動かした歯列が元に戻らないようにするために、アフターケアとしてマウスピース矯正が行われることが多いです。

マウスピース矯正のデメリット3.虫歯のリスクが高い

虫歯 イメージ

さらに考えられるマウスピース矯正のデメリットは、ずばり虫歯のリスクが高い点です。

人によって差はありますが、長時間歯の上にかぶせ物(マウスピース)をすることで、歯にだ液が付かない状態が続きます。

だ液は、歯の再石灰化など、虫歯になりにくい強い歯を保つ上で重要な働きを担っているため、「歯垢が残った状態」かつ「だ液による歯のコーティングが不十分な状態」で、マウスピースにより密閉されてしまうと、虫歯のリスクが一気に高まります。

虫歯予防のためにオーラルケアはデンタルフロス等を使って入念に

上記のような虫歯のリスクを回避するため、矯正用マウスピースを外して行うオーラルケアは、特に入念に行う必要があります。

歯ブラシだけではなく、デンタルフロスやフロスピックを使って、マウスピースの中に歯垢を残さないようにしましょう。

デンタルフロスは、どんな歯並びでも比較的使いやすいので、特にオススメです。

せっかくマウスピース矯正でキレイな歯並びを手に入れても、虫歯だらけになってしまっては元も子もありませんよね。

マウスピースに限らず、矯正期間中は歯磨きしにくいものですが、だからといって細かい部分のオーラルケアを怠っていると、虫歯や歯周病になってしまう可能性が高いです。

いつもの歯ブラシにちょっとひと手間加えて、デンタルフロスやフロスピックを使う習慣を身につけましょう!

この記事ではあえて、マウスピース矯正のデメリットの可能性についてお話しましたが、もちろんマウスピース矯正は悪いことというわけではありません

ブラケット矯正をためらっている方でも、”目立たない”、”痛みが少ない”という特長から、マウスピース矯正なら始める勇気が出てくるかもしれません。

ただ、やはり医師による「マウスピース矯正が適しているかどうか」の判断は必要になりますし、マウスピース矯正を行う場合は、歯垢をマウスピースの中に留めないよう、デンタルフロス等を使ったオーラルケアをオススメします!

マウスピース矯正期間中にもオススメのデンタルフロスのことならオカムラまで!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加