Oral & Dental Care Products

since 1907. from Osaka,Japan to the world.

赤ちゃんから10歳までの子どもの歯の磨き方 ~虫歯ゼロの永久歯に~

子どもの歯

人間の赤ちゃんは、生まれてから半年前後で歯が生えてくるそうです。

(たった3ヵ月で歯が生えてくる赤ちゃんもいますし、8ヵ月でまだ歯が生えない赤ちゃんもいます。個人差はかなり大きいです。)

将来的に虫歯のない強い歯を維持するため、小さくて可愛い乳歯が生えてくるこの頃から、オーラルケアを意識していく必要があります。

しかし当然ですが、子どもがいきなり1人で歯磨きを上手にできるわけではありません。

まずは歯磨きに対する苦手意識を無くし、歯磨きの習慣に慣れさせることが大切で、子どもがうまく歯を磨けるかどうか気にするのはその後でも構いません。

今回は、子どもの歯の磨き方について、子どもの成長の順を追いながら説明していきたいと思います。

※今記事内で記載している年齢はあくまで目安です。おむつが外れる時期などと同様、子どもの成長には個人差があって当然なので、焦らないでくださいね!

【生後半年からの歯の磨き方】小さな乳歯や歯茎をガーゼで拭いてあげる

「赤ちゃんが口を開けた時、ちょろっと白い乳歯が見えた!」赤ちゃんの成長を感じる嬉しい瞬間ですが、このころからオーラルケアを始めていくべきです。

赤ちゃんは口が小さく、歯茎も柔らかくてデリケートですから、傷つけないように優しく、小さく切ったガーゼで1日5~6回程度、お口の中を拭ってあげましょう。

お口の中を優しくガーゼで拭いてあげることで、お口の中に残った母乳や粉ミルク、食べ始めの離乳食を取り除いてあげることができ、赤ちゃんのお口の中が清潔に保たれます。

ガーゼ磨きは、子どもが歯磨きの習慣に慣れていくための最初の一歩でもあります。

ガーゼ磨きについて詳しくは、下記記事をご参照ください。

→ 赤ちゃん用の口腔ケアで口の中のバイ菌を撃退しよう

歯が2本以上生えてきたら、赤ちゃん用歯ブラシやフロスピックで歯を磨いてあげる

赤ちゃん 歯磨き

赤ちゃんの歯が2本以上生えそろってきたら、ガーゼではなく歯ブラシを使った、本格的な歯磨きを行ってあげましょう。

幼児用の歯ブラシよりも更にヘッドが小さく毛先の柔らかい、赤ちゃん向きの歯ブラシを用意しましょう。

(大人用の歯ブラシは毛先が硬く、赤ちゃんの口腔内を傷付けてしまうおそれもあります。)

持ち手の長い赤ちゃん用歯ブラシなら、保護者も持ちやすく、赤ちゃんのお口の中を細かく丁寧に動かしやすいです。

◆赤ちゃんの歯の磨き方(歯ブラシ使用の場合)

赤ちゃんの歯を磨いてあげるときは、とにかくイヤな思い・怖い思い・痛い思いをさせないことが大切です。

ここで歯磨きに対するマイナスな感情を植え付けてしまうと、自主的に歯磨きをしてくれるのが遅くなる可能性があります。

大人でもそうだと思いますが、基本的に「自分の口の中を誰かに触られること」には恐怖心が伴います。

赤ちゃんの気持ちを落ち着かせるために、しっかり抱っこをしてあげながら優しく声かけをしつつ、歯ブラシで歯磨きをしてあげるのが大切です。

赤ちゃんはうがいができないので、歯磨き粉は使わなくても大丈夫です。

1日1回程度、”歯ブラシを横向きに小刻みに動かすこと”を意識して、歯ブラシで赤ちゃんの歯を磨いてあげましょう。

縦向きに歯ブラシを動かしすぎると、歯茎と上唇の間の皮膚に歯ブラシの毛先があたって、赤ちゃんが痛がってしまうおそれがあります。

◆歯が隣り合って生えてきたら、赤ちゃん用フロスピックの出番

歯が2本、隣り合って生えてきたら、市販されている赤ちゃん用フロスピックの出番です。

赤ちゃんの歯間はとても狭いので、歯ブラシでは歯垢を取りきれない場合があります。そんな場合に活躍するのがフロスピックなのです。

大人が使う普通のフロスピックでは太すぎて、赤ちゃんの歯間には入らない可能性が高いので、必ず赤ちゃん用のフロスピックを使ってあげてくださいね。

【3歳からの歯の磨き方】子どもに自分で歯ブラシを使わせて、ママ・パパは仕上げ磨きをしてあげる

3歳 歯磨き中

全ての乳歯が生えそろうのは、3歳頃だと言われています。

この頃までに、子どもはあらゆることに興味を示し、またお母さんやお父さんのマネもどんどんしたがるため、歯ブラシも自分で持ちたがる子が増えるでしょう。

子どもが成長したら、歯磨き全部を保護者がやってしまうのではなく、子どもに歯ブラシを自分で持たせて歯磨きの練習をさせていくのが良いと思います。

◆【乳歯の虫歯予防のコツ1】出来るだけ早い時期に、子どもに歯ブラシを持たせてあげる

子どもが歯磨きに興味を示しているなら、振り回して遊んだりしないか、喉につめたりしないか注意はしつつ、歯ブラシを持たせてあげましょう。

子どもは歯ブラシを口にくわえてみたり、シャカシャカ適当に動かしてみたりするかと思います。

もちろん、これでしっかり歯垢(プラーク)が取れているわけではないのですが、この時“子どもが歯ブラシを自分で持てたこと”自体を誉めてあげると、歯磨きに対して前向きになり、1日3回の歯磨きの習慣が身に付きやすくなります。

嫌がる子どもに無理やり歯ブラシを持たせたり、上手く磨けていないことを叱ってしまうと、子どもは歯磨きに苦手意識を持ってしまうのでNGです。

持たせる歯ブラシは、子ども用の”喉つきガード”がついているものを選ぶとより安全です。

また、子どもが好きなキャラクターの歯ブラシを用意してあげるのも、早いうちから自分で歯の磨き方を覚えるのに効果的です。

◆【乳歯の虫歯予防のコツ2】歯の磨き方を楽しく教えてあげると、丁寧な歯磨きが子どものうちから習慣化しやすい

子どもに歯の磨き方を教えてあげる時は、色々と工夫をして楽しく教えてあげるのがコツです。

~子どもが歯の磨き方を楽しく覚えられる方法~

  • 歯磨きがテーマになっている絵本を読んであげる
  • 教育系のテレビを参考に歯磨きのうたを歌ってあげる
  • 子どもの歯磨きを見ながら、「今○○のばいきんがキレイに取れたよ!」などと教えてあげる

【小学校低学年まで対象】ママ・パパが行う”仕上げ”の歯の磨き方

幼児 仕上げ磨き

子どもが自分で歯を磨き始めて間もない頃から、小学校低学年くらいまでは、保護者の手による仕上げ磨きが推奨されます。

(一部の歯科医院でも、歯科検診の際に仕上げ磨きが推奨されることが多いようです。)

奥歯の裏など、大人でも磨き忘れがちなところは、子どもも意識して磨くのが難しいですし、乳歯から永久歯へ生え換わっている最中は、歯が重なって生えていて、子ども1人の力ではなかなかキレイに磨けません。

そのため、奥歯の裏や歯が重なって生えている部分などの歯垢を取って虫歯を防いであげられるよう、仕上げの歯磨きを行ってあげましょう。

子どもが使用している子ども用歯ブラシをそのまま使うのもいいですが、持ち手が短く持ちにくければ、仕上げ歯磨き用に別の持ち手が長い歯ブラシを用意してもいいでしょう。

◆仕上げ磨きをする時のコツ

子どもの仕上げ磨きのやり方は、普段保護者が自分で行う歯磨きのやり方とほぼ同じではあります。

  1. ひとつの歯につき20回程度、横向きに小刻みに歯ブラシを動かす
  2. 歯の表面に対して、まっすぐ毛先を当てることを意識する
  3. 子どもは歯茎が柔らかいため、毛先が広がらない程度の軽い力で磨く

子どもがじっと立っていられるなら、子どもを立たせた状態で、自分は子どもの背後に回って、仕上げ磨きを行うのがやりやすいです。

子どもがまだじっと立っていられる年齢でないなら、膝の上に頭を置かせて仕上げ磨きをしてあげると良いでしょう。

【10歳前後から対象】巻き型のデンタルフロスを使った歯の磨き方を教えてあげる

巻き型 デンタルフロス

10歳前後からは、手がどんどん器用になるので、巻き型のデンタルフロスを使った間の磨き方を練習させてあげると良いでしょう。

最初のうちは、デンタルフロスを輪っか状に結んで使うのがオススメです。

巻き型のデンタルフロスの使い方は、下記記事も参考にしてみてください。

→ 老舗メーカー直伝!糸型デンタルフロスの効果的な使い方とは

「乳歯はどうせ抜けるから…」という考え方はNG! 子どもの頃から正しい歯の磨き方を身につけよう

「乳歯はどうせ抜けて、永久歯に生え変わるんだから、そこまでオーラルケアのことを気にしなくていいんじゃないの?」という意見をちらほら聞きます。しかし、それは大きな間違いです!

確かに、虫歯になってしまった乳歯そのものはやがて抜け落ちるかもしれませんが、虫歯の原因となる細菌は、その虫歯だけに発生しているものではありません。

あまり想像したくはありませんが、ずさんな歯の磨き方をしていると、口腔内全体に虫歯の原因をなる細菌が潜むことになり、後から生えてきた永久歯にも悪影響を与えてしまうのです。

そのため、乳歯で虫歯ができやすい子どもは、永久歯も虫歯になりやすいと言っても過言ではないでしょう。

赤ちゃんの頃からしっかり歯を磨くことを心掛けて、虫歯ゼロの強い永久歯を目指しましょう!

子供でも使えるデンタルフロスのことならオカムラまで!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加