Oral & Dental Care Products

since 1907. from Osaka,Japan to the world.

歯は人間の体でもっとも硬度が高い! | モース硬度で比較

歯 かたい

「人間の歯はとにかく硬い!」そんなイメージをお持ちの方は多いのではないでしょうか?

これはまったくその通りで、歯は人間の体の中で最も硬い部位だと言われています。

今回の記事では、歯がどれくらい硬いのか、モース硬度という単位を基準にお話していきたいと思います。

歯のモース硬度は7~8! それってどれくらい?

硬いイメージ

モース硬度とは、物の硬さを10段階ではかる単位のことを言います。

鉱石・宝石なども、このモース硬度でその硬さを表現されることが多いです。

人体で最も硬い、歯のモース硬度は7~8です。10段階あるうちの7~8なので、かなり硬い部類だと言えます。

歯と同じくらいの硬さを持つ物の例には、水晶があります。

硬いイメージのある鉄は硬度4、ガラスでも硬度5。意外と歯より硬くないのです。

歯を削るためにも使われる、ダイヤモンドは硬度10! 納得の硬さです。

人間の体の中で、歯のほかに硬度を持つのは爪や骨

ちなみに、人体の構成物の中で、歯のほかに硬度であらわすことのできる物が2つあります。

それは、骨と爪です。

骨の硬度は4~5、爪の硬度は2.5くらいです。

モース硬度の数値はあくまで目安ですが、骨はガラスと同じくらいの硬度、爪は象牙と同じくらいの硬度と言えます。

~モース硬度別の物質例(あくまで目安)~

モース硬度1:チョーク、滑石

モース硬度2:岩塩、石膏 (2.5で爪)

モース硬度3:サンゴ (3.5で銅製硬貨)

モース硬度4:鉄、パール、蛍石 (4.5で木工用の釘)

モース硬度5:、ガラス、燐灰石 (5.5でナイフの刃)

モース硬度6:正長石、オパール

モース硬度7:、水晶、石英

モース硬度8:エメラルド、トパーズ

モース硬度9:コランダム、ルビー、サファイヤ

モース硬度10:ダイヤモンド

硬度が高い=強いではない! 1番の敵はやはり虫歯菌

“歯のモース硬度は高い”ということがお分かり頂けたかと思いますが、決して油断は禁物です。

モース硬度であらわされる硬さとは、ある物でひっかいたときの傷のつきにくさのことを指すので、硬い=強いではないのです。

虫歯や歯周病の原因となる虫歯菌は、酸を出して歯を表面から溶かしていきますが、この侵蝕に硬度うんぬんはほぼ関係ありません。

そのため、「歯は丈夫らしいから、多少放っておいても大丈夫~」と思ってしまうのは間違いです!

強く健康な歯を守るためには、やはりオーラルケアが不可欠!

硬い歯でも溶かしてしまう虫歯菌の繁殖をおさえるために、デンタルフロスなどを使って、歯垢を取り残さないように努めましょう。

オカムラのオーラルケアアイテムはコチラから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加