Oral & Dental Care Products

since 1907. from Osaka,Japan to the world.

前歯が虫歯になる原因と3つの対策方法

前歯 イメージ

“虫歯になりやすい歯”というと、歯ブラシがしっかり届かず磨き残しが多い奥歯をイメージされる人もいらっしゃるでしょう。

もちろんそれは正解なのですが、実は虫歯になるリスクが高いのは奥歯だけではありません。

実は、前歯が虫歯になる可能性も十分にあるのです。

「1番歯ブラシで磨きやすいのにどうして?」と不思議に思うかもしれませんね。

そこで今回の記事では、前歯が虫歯になってしまう原因と対策について、お話していきます。

前歯が虫歯になってしまう原因

前歯が虫歯になってしまう原因には、次のようなことが考えられます。

  • 前歯の裏側が磨けていない
  • 唾液が乾きやすい

前歯の裏側が磨けていない

前歯が虫歯になってしまう原因で多いのは、前歯の裏側が磨けていないことです。

ハブラシの時、奥歯の磨き残しをしないようにするために奥歯に意識し、前歯は簡単に済ましてしまう人が多いです。

しかし、前歯の裏側というのは、意識的に磨かなければ磨けない部分なのです。
また、前歯の裏側は、大きめの歯ブラシだと磨きづらいところでもあります。

こういった理由から、前歯の裏側にも歯垢は溜まっていきますので、放置していると虫歯になる可能性は十分にあります。

かなり磨きづらい場所ではあるのですが、小さめの歯ブラシを使うことで少し磨きやすくなるので、前歯の裏側も意識的に磨くようにしましょう!

唾液が乾きやすい

簡単に言うと、唾液は歯をコーティングし、失われたエナメル質(歯の表面)の再生を促す作用があります。

唾液が少ないと、エナメル質の再生が促進されず、歯が虫歯菌の影響を受けやすくなってしまいます。

そして前歯は、口腔内で最も唾液が乾燥しやすいところです。

特に、

  • 鼻詰まり気味で口呼吸のクセがある人
  • 睡眠中、口があいている人
  • そもそも唾液の分泌量が少ない人 (食べ物をよく噛まないなど)

という方は、前歯が乾燥しやすい傾向にあるので、注意が必要です。

前歯を虫歯にしないための対策

虫歯にならない強い歯

前歯が虫歯になってしまうリスクを抑えるためには、次のような対策方法があります。

  • 前歯のすき間・裏側までオーラルケアの徹底
  • できるかぎり、口呼吸をやめる
  • 唾液がたくさん出るように食べ物をよく噛む

前歯のすき間・裏側までオーラルケアの徹底

先述しましたが、最も効果的なのは前歯の裏側まで、オーラルケアを徹底して行うことです。

歯ブラシでは磨きづらければ、局所的に磨けるワンタフトブラシがおすすめです。

また、前歯と前歯のすき間にはデンタルフロスを通して、虫歯や歯周病の原因となる歯垢(プラーク)を残さないようにします。

<前歯の隙間ケアに向いているデンタルフロスの関連記事>

⇒ F字型デンタルフロスのメリットについて~前歯向き~

できるかぎり、口呼吸をやめる

口呼吸がクセになっている場合は、できるだけ鼻呼吸をするように意識してみてください。

前歯の乾燥を抑えられるほか、ドライマウスの症状の軽減にもつながります。

唾液がたくさん出るように食べ物をよく噛む

前歯が乾燥しないように、食べ物はよく噛んで食べ、唾液の分泌を促しましょう。

食べ物をよく噛んで食べると、満腹中枢が刺激されて食べ過ぎも抑えられるので、習慣づけて損はありません。

前歯の間に黒い点があれば虫歯かも

前歯の間や歯茎のすき間に黒い点が見えたら、虫歯による変色の可能性が高いです。

「何か詰まっていてとれないな~」と放置するのではなく、早めに歯医者さんへ行きましょう。

初期虫歯であれば、1日で治療完了できることも多いです。とにかく早めに行動しましょう!

「磨いたつもり」にならないことが大切

正しい歯磨きイメージ

以上、前歯が虫歯になってしまう原因と対策についてのお話でした。

とにかく前歯に関しては「磨いたつもり」にならないことが大切です。

見えている部分のオーラルケアだけでは不十分なのです。

  • 前歯の裏まで磨けているかな?
  • 前歯の間もキレイになったかな?

としっかり意識して、外から1番よく見える前歯の虫歯を防ぎましょう!

前歯の虫歯を防ぐオーラルケアアイテムのことならオカムラまで!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加